2015年04月19日

ゴルフ フックを求める必要はない




このように、即効性を求めて、すぐにフックを打とうとすると、逆にスイングを崩してしまう恐れが大です。

確かに、上級者にフックが出やすいのはそのとおりです。上級者はスライスを克服しているプレーヤーが多いからです。

しかし、だからといって初心者が最初からフックを打とうとして上記のような方法を採用するのはよくありません。逆にスイングをおかしくしてしまうからです。

球筋をすぐに変えたい、スライスをすぐに治したいという気持ちはよくわかりますが、だからといってグリップをいじったりリストターンを使ったりすると、変な癖がついてしまいます。

特に独学でそういう複雑なやり方をしてしまうと、ショットがおかしくなっても、スイングのどこが問題なのかがわからなくなります。原因がわからなければ、直しようがありません。

アウトレットタイトリスト




Posted by 咲楽 at 15:12│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ゴルフ フックを求める必要はない
    コメント(0)